世界最小・最薄のシチズン光発電スマートウォッチ「エコ・ドライブBluetooth」発表

左はバーゼルで発表されたスーパーチタニウムケースのBZ1045-05Eで、ムーブメントはW770。右が今回紹介する新ムーブメント「410」を搭載したBZ4005-03E

光で発電するので充電ケーブルの持ち運びが不要で、Bluetooth経由でスマートフォンと接続し、電話やメール、SNSの通知を針の動きと音、振動で知らせるシチズン時計のエコ・ドライブBluetooth。

3月22日からスイス・バーゼル市で始まった、世界最大規模の時計と宝飾品の見本市「バーゼルワールド2018」でシチズンが発表したのは、新ムーブメント「W410」とW410を搭載したユニセックスモデルとレディスモデル。W410は、既存モデルに搭載されているムーブメント「W770」を小型化したもの。光発電Bluetoothウォッチとして、2018年2月時点でのシチズン調べで、世界最小・最薄をうたう。

W410を搭載することで、ケース径33.0mm、ケース厚9.98mm(ともに設計値)の光発電スマートウォッチを女性の手首にマッチするサイズで製品化することを可能とした。

ひと回り小さくなったユニセックスモデル

今回、ユニセックスモデルとして発表された3モデルとも、すべてスーパーチタニウムケースを採用。シチズン独自の表面硬化技術を施しているため、ステンレスに比べて5倍以上の硬度で傷に強く、軽いモデルが誕生した。

主な機能は、初代モデルに準じている。文字盤のデザインがシンプルになり、価格はポリウレタンバンドを採用したモデルが8万6400円、バンドもスーパーチタニウムを採用したモデルが9万1800円。2018年秋の発売予定。

ケース、バンドともにスーパーチタニウムのBZ4004-57E。予定価格は9万1800円

BZ4005-03Eはスーパーチタニウムケースにポリウレタンバンド。予定価格は8万6400円

BZ4006-01EはBZ4005-03Eと同じ予定価格だが、ベゼルにデュラテクト GOLDを使用しておりリッチな見た目

待望のレディスモデルも登場!

ムーブメント410を搭載したレディスモデルも発表された。全5バリエーションのうち、日本で発売されるのは3モデル。ケース径は33mmで、5気圧防水のため、水仕事の多い女性も気兼ねなく着用できる。

EE4019-11AはステンレスケースにイエローゴールドIP、撥水加工を施したカーフバンド仕様。予定価格は5万5000円

EE4029-17AはステンレスケースにローズゴールドIP、撥水加工を施したカーフバンド仕様。予定価格は5万5000円

EE4035-81AはステンレスケースにピンクゴールドIP、ミラネーゼストラップ仕様。予定価格は8万8320円

腕に収まりがよいサイズ。光で発電するので電池交換が不要、さらに日付けがスマホと連動することで、自動で切り替わるのでストレスなく身につけられる。5気圧防水なので、なにかと手を洗う機会が多い女性にオススメ!

白蝶貝ダイアルのモデルは、とてもかわいいのに日本未発売で残念!


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる