落ちるところまで落ちた福山雅治のタレントイメージ......その“好感度”は大暴落!

ビデオリサーチ社が、「テレビタレントイメージ2018年2月度調査」の結果を発表。「男性タレント」では、マツコ・デラックスが初の首位に輝き、「女性タレント」では、綾瀬はるかが2期ぶりのトップに返り咲いた。

同調査は、毎年2回行われ、2月と8月に発表されている。テレビタレントとしては重要な“好感度”をランキングにしたもので、番組に起用するテレビ各局や、CMを出稿するスポンサー企業にとって、ひとつの指標となっている。

2月度の調査で大きく順位を上げたのは、「男性」部門では、冠番組『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)が絶好調の出川哲朗で、前回の17位から8位にランクアップ。「女性」部門では、引退を目前に控えた安室奈美恵で、前回の31位から7位まで急浮上した。

そんな中、かわいそうなくらい、好感度を落としているのが、福山雅治だ。福山は2015年まで、同ランキングで上位の常連で、首位争いをしており、同8月度の調査では3位だった。

しかし、同9月に吹石一恵と結婚して、人気が下降すると、17年2月度の調査では6位に下落。その後、16位(同8月度)、20位(17年2月度)と、回を追うごとに、好感度が下がっていった。17年8月度には12位まで戻したが、今回の調査では27位まで滑り落ちてしまったのだ。

この約半年で見ると、17年9月に公開された、福山主演映画『三度目の殺人』は、スマッシュヒットを飛ばし、作品自体は、先の『第41回日本アカデミー賞』で、「最優秀作品賞」を受賞するなど、高評価を得た。だが、是枝裕和監督が「最優秀監督賞」「最優秀脚本賞」を、役所広司が「最優秀助演男優賞」、広瀬すずが「最優秀助演女優賞」を受賞する中、福山は「優秀主演男優賞」にすら選ばれることはなかった。

2月に公開された、主演映画『マンハント』は、故・高倉健さんの名作『君よ憤怒の河を渉れ』(1976)のリメイク作だったが、ほとんど話題にもならず、案の定、壮絶爆死を遂げた。

テレビドラマは、2016年4月期に主演した『ラヴソング』(フジテレビ系)が平均8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と低視聴率に沈んで以降、約2年間、出演なし。

4月期の日本テレビ系連続ドラマ『正義のセ』(吉高由里子主演)では主題歌「失敗学」を担当するが、ここ最近、テレビ出演は映画の宣伝目的のときくらいなもので、露出は大幅減となっている。

「福山自身も、この状況を理解していないわけではなく、なんとか現状打破したいとの思いは強いようです。12月放送を目標に、日本テレビが立ち上げた新ドラマ製作プロジェクトに福山も参加。主題歌と企画プロデュースを福山が、お笑い芸人・バカリズムが脚本を担当することになり、新たなことにチャレンジしようとしています。俳優として米国進出も視野に入れているといいます」(芸能関係者)

気がつけば、福山はもう49歳で、普通にオッサンだ。ミュージシャンとしても、俳優としても、我が世の春を謳歌した独身時代と、同じようにはいかないのだ。これまでとは違った路線で、福山が復活を遂げられるかどうか、今後の活動に注視してみたい。
(文=田中七男)


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる