専門家も世界中も騙された!本物と見間違えるほどすごすぎるイタズラ12選!!

いたずら

私たちは友達や家族に対して簡単ないたずらをすることがありますが、ときには 専門家すら騙すようないたずらが存在します。

彼らの 明晰な頭脳と知識を騙すのは、相当な努力が必要になるでしょう。

ここでは、パスタ栽培や妖精が映った写真など、専門家も騙された驚きのいたずらを紹介していきます。

パスタ栽培


今や4月1日は企業も嘘をつくエイプリルフール。
そんなジョークな日についた嘘が まさかの大勢の人を信じさせることになりました。
果たして大勢が信じたその嘘の『パスタ栽培』の様子とは・・・

1.パスタ栽培

1957年、 BBCはスイスでパスタ栽培が始まったというニュースを放送し、農民がパスタを収穫する映像を見せました。

この映像は市民だけでなく、BBCの局長ですら信じ、BBCに対してどのようにパスタを栽培するのか、という問い合わせが大量に届きました。

もちろん、これは エイプリルフールに行われたジョークでした。

ピルトダウン人


こちらは 実際に科学者が発見して大騒ぎになった代物
けれど実際は誰か知らない人が知らない間に蒔いた嘘の種でした。

2.ピルトダウン人

科学者たちは、人間の進化の過程を探るためにさまざまな原始人の化石を発見してきました。

1912年、 科学者チャールズ・ドーソンは、「猿の顎を持つ人間の頭蓋骨」を発見しました。

これまで発見されていた原始人の化石は「人間の顎を持つ猿の頭蓋骨」だったため、この発見は科学界を大いに驚かせました。

しかし 数年後の調査により、人間の頭蓋骨とオランウータンの顎をくっつけただけだとわかったのです。

誰がこのようないたずらをしたのかは、わかっていません。

天才の馬


動物たちが賢いとはいえ、人間のように勉強が出来るかと言ったら別です。
しかし、 ある馬は大勢の人を前にしてそれをやってのけたのです。
一体どういうことなのでしょうか?

3.天才の馬

ヴォン・オステンは数学の教師であり、 動物に算数を教える実験を行っていました。

続きは第2ページ


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる