「インスタ映え弁當」靜岡で発売 でも明らかにTwitter映えしてる…

これが「インスタ映えを狙ったお弁當」

・価格は650円

・不定期で20~30個が店頭に

・他にもユニークな名前の弁當が

【ネットの話題、ファクトチェック】
靜岡で販売されている「ある弁當」がネット上で注目を集めています。その名も「インスタ映えを狙ったお弁當」です。しかし、話題になっているのはインスタグラムではなくツイッターです。「薄々そうなるのではないかと感じていました」と話す弁當店の運営會社常務に話を聞きました。

これが「インスタ映えを狙ったお弁當」。不定期で20~30個が店頭に並ぶ。おかずの中身や容器は日によって異なるが、名物のあみ焼きは必ず入っている

価格は650円

先月26日にツイッター投稿された畫像。そこには、お弁當に貼られたラベルが寫されています。
商品名「インスタ映えを狙ったお弁當」と書かれており、価格は650円。全體が寫っていないため、どんな弁當なのかはっきりしませんが、揚げ物や卵焼きが入っているのは確認できます。

この投稿に対して、「狙いすぎ」「どちらかというとツイッター映えなんだよなあ」といったコメントが寄せられ、リツイートは1萬7千、いいねは2萬1千を超えています。
ツイッターのまとめが作られるなど、インスタ映えというよりは、完全にツイッター上でネタとして消費されている感があります。

不定期で20~30個が店頭に

この弁當を販売しているのは、40年以上継ぎ足しているタレで肉を焼いた「あみ焼き弁當」で知られる、しずおか弁當(靜岡市葵區)です。

こちらが名物「あみ焼き弁當」。左が豚、右が牛

「インスタよりもツイッターで話題になるだろうと、薄々感じていました」と話すのは、しずおか弁當の運営會社「靜京商事」の常務・森穀昇吾さんです。
販売を始めたのは2カ月ほど前。毎日販売しているわけではなく、不定期で20~30個が店頭に並び、毎回晝すぎには完売するといいます。おかずの中身や容器は日によって異なりますが、名物のあみ焼きは必ず入っているそうです。
いったい、どのあたりがインスタ映えを狙ったのか? 森穀さんは、こう説明します。
「正直、何をもってインスタ映えなのかわからないところもありますが、彩りのいい野菜を多く使って、自慢のあみ焼きを乗せ、肉も魚も必ず入っている點ですね」

他にもユニークな名前の弁當が

こちらは「餘ったおかずで組み合わせたら豪華になったお弁當」

しずおか弁當では、これまでにも「あっ!なんか中華食べたいなぁと思った時に食べるお弁當」「餘ったおかずで組み合わせたら豪華になったお弁當」といったユニークな名前の商品を販売してきましたが、今回は特に反響が大きかったといいます。

「いつ、どこで『インスタ映えを狙ったお弁當』を買えるのか、といったお電話をいただいていますが、今のところレギュラーメニューにする予定はありません。『あったらラッキー』といったお気持ちで店をのぞいていただき、クスッと笑っていただければうれしいです」


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる