【大切なもの】育児の疲れから娘に強く当たってしまった。その時、大泣きしながら言った娘の一言に愕然とした・・・

この経験は、

私にとって強い後悔と

反省が入り混じる、

心苦しいものです。

しかし忘れては

いけないという自戒と、

同じ様な状況に

いる人に少しでも共有したく、

綴っています。

私には3人の子供がいます。

6歳の長女と3歳の長男、

1歳の次男です。

長女と長男の

育児の経験もあり、

次男の子育てが

一番余裕を持って

接せれると

思っていたのですが、

家庭の事で

やることも膨大にあり、

正直一番苦労を

しながら家事と育児に

奔走していました。

旦那にもできる範囲で

協力はしてもらっていて

とても感謝している

のですが、いつしか

段々と余裕が

なくなっていって、

次第に家庭の中で

ギスギスとした雰囲気を

出してしまって

いたように思います。

そんな中、

いつしか長女に、

たくさんのことを

求めるように

なってしまいました。

家事の手伝いに

長男の面倒見と、

学校に入った

ばかりにも関わらず、

どこか長女に

頼るようになる私。

それも感謝の気持ちよりも

正直出来ないことに

対しての「苛立ち」

の方が大きく、

長女への口調も

少しずつ厳しくなって

しまっていました。

ある日、

学校から帰ってきた長女に、

散らかっていた部屋の

掃除を頼みます。

しかしそこで、

テーブルに

おいてあったコップを

長女が落とし、

割ってしまいます。

どこかでプツリとなった私。

「あーーーーーーもう!」

コップの破片を拾いながら

長女に心配の声を

かけることもなく、

「なんでこんな事も出来ないの!」

と怒鳴ってしまったのです。

すると、普段涙を

見せない長女が、

見た事もない程に、

その場で大泣きをしたのでした。

そして、

泣きながら私に、

こう言ったのです。

普段全く泣かない、

親の私から見てもとても

しっかりとした長女。

しかしこの時は、

見た事もないくらい

大泣きをしながら、

私にこう言ったのでした。

「ごめんなさい」

「ママが大変だから

楽にさせてあげたいのに、

できなくてごめんなさい」

ハッとした私。

その時、

気付いてしまったのでした。

私は、

私に手伝いを頼まれた

「長女の気持ち」なんて、

今まで一度も考えたことが

なかったのです。

やらなければいけない事があり、

それを済ます為に

あれこれ長女に

お願いをしていました。

でも、それを

聞いていた長女は、

どう考えているんだろう?

なんて、

一度たりとも

考えてなかった。

それなのに・・・

長女は、ずっと私の

手伝いのお願いを、

「ママが大変だから

楽にさせてあげたい」

と思って、

聞いてくれていたのです。

ずっと、私の事を想って。

この瞬間に、

私はなんて酷い事を長女に

言ってしまったんだろう

と後悔しました。

急いで抱きつき、

「ごめんね、

怒っちゃって。

怪我はない?」

と長女に聞きました。

続きは第2ページ


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる