【かわいすぎる事件発生♡】4歳の男の子が警察に通報!→その理由が可愛すぎてニヤけたwww

警察に通報した理由

日本の警察は

110番、消防・救急は119番。

なんてことは、

みなさんご存知かと思います。

さて、

お国変わってアメリカでは、

消防・警察・救急がみな同じ

911番なんです。

ある日、

アメリカに住む4歳の男の子が

この911番に電話をかけてきた。

まさか大事件発生か?!

以下、英語のやりとりを

意訳してお届けします。

警察のオペレーター

「はい、こちら911番です。」

男の子

「あのね、ちょっと助けてほしいの」

オペレーター

「一体どうしましたか!?」

男の子

「math(算数)で困ってるの」

オペレーター

「mouth(お口)がどうしたのかな?」

(←mathとmouthの発音が聞き取りづらく、

わかっていないオペレーター)

男の子

「ちがうのっ!僕が言っているのは

math(算数)のこと!

今やんなくちゃいけないの。

おじさん、助けてくれる?」

オペレーター

「わかったよ。で、君のお家はどこかな?」

男の子

「ちがうちがう、僕は電話で

おしゃべりしながら

助けてほしいんだよ。」

オペレーター

「あ~、それはちょっと難しいかなあ。

君を助けに誰かをそっちによこそうか?」

男の子

「うん。。。」

オペレーター

「で、君は算数のどんなところで

困っているんだい?」

男の子

「引き算。」

オペレーター

「あ~、君は算数の問題をやってるんだね。」

(やっと意味が飲み込めた様子)

男の子

「そうなの・・・」

オペレーター

「よし、わかった!で、

君がさっきから言ってる”問題”ってのは

一体どんなことかな?」

男の子

「ん~、おじさん僕の”算数の問題”を

手伝わなくちゃだめだよ。」

オペレーター

「わかったよ。で、どんな問題なんだい?」

男の子

「えとね、”16-8”の答えはなーに?」

オペレーター

「君はいくつだと思う?」

男の子

「わかんない。…”1”かな?」

オペレーター

「ううん、ちょっと違うなあ。

君は何歳なのかな?」

男の子

「4歳。」

オペレーター

「君、4歳なの!?」

男の子

「うん!」

オペレーター

「他の問題でわからないのはあるかな?

今のはちょっと難しすぎるからね。」

男の子

「えーとねぇ・・・あ、あった!”5-5”は?」

オペレーター

「”5-5”かあ・・・君はいくつだと思う?」

男の子

「”5”!!」

さあ、ここからが大変です。

お母さんが電話をしている息子に

気づいてしまいます。

男の子のママ

「ジョニー!あなた何やってんの?!!!」

(警察にママの声が拾われています)

男の子

「警察のおじさんが

ぼくの算数を手伝ってくれてるの。」

ママ

「”電話をかけなさい”なんて、

ママいつ言った?!!」

オペレーター

(声を聞きながら)

「やれやれ、お母さん登場だ・・・」

男の子

「だってママ言ってたじゃん。

”困ったら誰かを呼べ”って・・・」

ママ

「だからといってママは

”警察に電話しろ”とはいってないわよ!!」

このまるでコントのようなやりとり。

警察も思わず純粋な男の子のかわいさに

相手をしてしまったのでしょうね。

小さな男の子と

優しそうな警察の人とのやりとりに

思わずニヤニヤしてしまいます。

これについてネットの反応

・海外の警察官って優しいイメージ

・可愛すぎる…引き算って♡

・ママもビックリしただろうなw

・助けてほしい時は911、確かにあってる笑

・癒された…!こんな電話受けたい

どうでしたでしょうか?

日本の110番通報にかかってくる約3割は、

問い合わせやいやずらなど

緊急性のない電話だそうです。

これでは本当に緊急を要する人に対して、

警察の対応が遅れてしまうことになりかねません。

くれぐれも、いたずら目的で

110番にかけるのは止めましょう。

参照元:http://trend-izumi.com/


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる