あなたの猫はどこで寝る?寝場所でわかる飼い主さんとの関係性

猫が寝る場所で飼い主との関係性がわかる?

愛猫と寝るのは飼い主にとって気持ちが良いですね。

特に寒い冬は猫と寝るとあったかくてぐっすり寝ることができます。

布団をかぶると猫がお腹で寝たり、足元で寝たり、顔もとにいることもありますね。

布団の中にもぐり込んでくる猫もいます。

じつは猫が寝る場所で飼い主との関係を知ることができるんです。

どんな理由があるでしょうか?

猫の寝場所と飼い主との距離が近い程信頼関係がある

猫が飼い主と近い場所で寝る理由は、飼い主との信頼関係があることです。

猫にとっては飼い主が親のようだからです。

子供が親と一緒に添い寝してもらうような感じなので、猫にとっては安心感があります。

しかし普段は一緒に寝ていて、急に離れて寝るようになった場合は飼い主との信頼が薄れてきた可能性もあります。

飼い主の顔の近くで寝る時の猫の気持ち

飼い主の顔の近くで寝る理由は、子猫の気持ちが残っているようです。

甘えん坊なのが理由ですね。

成猫になっても子猫のような感覚が抜けない猫に見られます。

このような猫は寝ぞうもダイナミックで見てて癒されますね。

飼い主の布団の中で寝る時の猫の気持ち

布団の中で飼い主と一緒に寝る猫は、とっても甘えん坊な猫です。

性格も明るくて、あまり警戒心もないタイプです。

飼い主のことも大好きです。

寒いから布団の中で寝るという理由もあります。

飼い主にとっても、湯たんぽのようでかわいい猫ですね。

夏で暑くても飼い主に甘えたくて、布団にもぐり込んで寝ていることもよくあります。

飼い主の布団の上で寝る時の猫の気持ち

飼い主の布団の上や股の間に寝る猫はどんな理由があるでしょうか?

股の間で寝る理由は、布団に囲まれて安心して寝ることができるようです。

布団の上に寝ることで、安定感もあり、猫にとって気持ちも安心できる場所です。

大好きな飼い主の近くで寝ることは、猫にとって信頼感があるからです。

でも飼い主としては、重くて寝れないですね。

でもかわいいから許しちゃいましょう!

あともう一つ考えられる理由は、飼い主の寝ぞうの悪いことが原因のことがあります。

飼い主の寝ぞうに合わせて、猫は寝る場所を変えていることがあります。

飼い主から離れて寝る時の猫の気持ち

猫が飼い主から離れて寝る理由として考えられるのは、かなり警戒心が強いことです。

何かあればすぐに逃げられる体勢で寝ているわけです。

まだ猫と信頼関係も薄いことが分かります。

成猫になってから飼い始めた猫に見られます。

性格的に考えると大人っぽいことが理由でもあります。

猫は普通大人に成長すると、仲間と寝るわけでもなく1匹で寝ているのでそんな名残もあるかもしれませんね。

でも離れて寝ていたとしても、飼い主にお尻を向けている猫がいますね。

それはかなり信頼関係がある証拠なので安心してくださいね。

子猫は寝る時に、母猫にお尻を向けて寝るんです。

その理由は、安心して危険を任せられるという意味があります。

飼い主のことを母猫のように信頼している証拠なので嬉しいですね。

他の理由でも猫の寝る場所が決まる時がある

暑くて気温が高い時は、飼い主の場所から離れたところで寝ることもあります。

子猫の時からいつも一緒に寝ていると、子猫気分がどうしても抜けないことがあります。

そのような猫は成猫になっても飼い主と寝るのが習慣のようになることもあります。

まとめ

愛猫がどんな気持ちで寝ているかお分かりいただけたでしょうか?

猫との信頼関係があればあるほど、近い距離で寝ることが分かりましたね。

愛猫が離れた場所で寝ているなら、信頼関係を築く努力をしてくださいね!


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる