10才の少年が捨て猫を優しく抱き、新しい母の元へ…

カリフォルニアの猫コロニーに、子猫のアリエルはいました。母猫に捨てられ、独りでいるところをレスキューグループ『MeoowzResQ』に救助され、里親が見つかるまでそこで過ごすことになりました。
ケリー・グロスさんがこの猫について話を聞き、里親になってくれることになりました。ケリーさんの家には、同じくレスキューされた母猫が6匹の猫の子育てをしているところでした。
ケリーさんの10才の弟・ザックくんがアリエルを迎えに行くと、今までにないくらい大きな鳴き声を出しました。

出典

www.instagram.com

なかなか落ち着かないアリエル。ザックくんが優しく抱き、話しかけながらなでると、アリエルはようやく眠りにつきました。

出典

www.instagram.com

家に帰り、母猫のトワイライトと対面させました。トワイライトはすぐに我が子と同じように毛づくろいをしようとしましたが、アリエルは嫌がってしまいました。

アリエルには、おっぱいを飲むことを学ぶことが必要なので、ザックくんがサポートをしました。アリエルが逃げるたびに、母猫のもとに戻す…というのを繰り返しました。

出典

www.instagram.com

ようやくおっぱいが飲めるようになると、アリエルはとても幸せそうでした。

出典

www.instagram.com

ザックくんは、毎朝学校に行く前に猫たちにおはようのあいさつをし、夜眠る前にはキスをしておやすみを言います。
どこかに出かけたときは猫たちが恋しくて仕方なく、帰ってくるとすぐに猫のもとに行って声をかけます。

出典

www.instagram.com

ミルクを求めてケリーさんに訴えかけている様子。とても元気で生命力のある子猫です。

出典

www.instagram.com

ケリーさんとともに、ザックくんもこの2年間で100匹を超える猫の世話をしてきました。
「動物に優しくすることを子供に教えるのは、私にとっても大事なことです。私が引き取ってくるのは、たいていシェルターで最も幼くてか弱い子猫で、私の弟はそのような猫の扱いがとても上手なのです」とケリーさんは言います。

動物にとっても、周囲に子供がいる環境はとても良い作用があるのかもしれませんね。


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる