キュン死に不可避!子猫に『おいで』と言ったら→想定外の行動に骨抜きにされる♡

あら、そんな所にいたの?

ベッドの上から、床にいる子猫ちゃんを撮影する飼い主さん。 子猫ちゃんも、床から飼い主さんを見上げています。

こっちにおいでー!

飼い主さんは、ベッドをポンポンと叩いて子猫ちゃんを呼びます。 「こっちへおいで!」という合図を、子猫ちゃんもしっかり見ていますね。

「ご主人何してるのかなー?」

ちゃんとベッドに来れるかな?と子猫ちゃんを見てみると… あれ?全く移動する気配がないですね。

「お手てをポンポンしてるみたい!」

いえいえ、子猫ちゃんは実は、ちゃーんと飼い主さんに応えていました。

ポンポンをし返すという方法で!

ベッドをポンポンと叩いた飼い主さんに対して、猫ちゃんはなぜか自分の前の床をお手てでポンポンしていたのです!

そうじゃないよ!こっちおいで!

意図が上手く伝わらなかったことが分かった飼い主さんは、再びベッドをポンポン! なんとか子猫ちゃんを呼び寄せようと試みます。

「なんでポンポンしてるのー?」

飼い主さんの想い虚しく、子猫ちゃんはまた可愛らしくお手てをポンポン! ベッドへ来る気は一切ないらしく、真っ直ぐな瞳で飼い主さんを見つめています。

この迷いない瞳、全く意図が伝わる気がしませんね…

ここに来て欲しいんだよ!

飼い主さんとしては、別に子猫ちゃんにマネをして欲しいわけじゃないんです… 思わず笑いながら、もう一度子猫ちゃんをポンポンで呼んでみます。

「もう上手にポンポン出来るよ!」

小さなお手てで、たどたどしく床をポンポンする子猫ちゃん。 「そうじゃないんだよー!」って言いたいけど、これはこれでとっても可愛い~♡

まるで飼い主さんを呼びつけるかのように堂々とポンポンを繰り返す子猫ちゃんは、王様の風格! なぜか微妙に遠い所でマネを繰り返す子猫ちゃんに、すっかりメロメロな飼い主さんなのでした♪

子猫ちゃんの無邪気な勘違いはこちらから!

とにかく「可愛い♡」の一言に尽きます!!!


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる