新車にスペアタイヤを搭載しなくなった理由…その背景には意外な理由があった…

JAFの出動理由で毎年上位となるタイヤのパンク。
今から20年前、ほとんどの国産車はスペアタイヤの搭載は当たり前で
ジャッキやスパナーなど色々な応急処置用の道具を積んでいました。

しかし、最近の新車ではスペアタイヤの搭載がされなくなりました。
その背景には意外な理由があるそうです。

タイヤパンクトラブルの時の救世主がスペアタイヤです。

以前はスペアタイヤ積載義務がありましたが、
現在、法律では積載義務はありません。

実はスペアタイヤは使用されるされないに関わらず
年間5900万本(ブリジストン調べ)というびっくりするような本数が
破棄されていると言います。

ほとんどは使われぬまま廃車になる際に

取り外され別途破棄されます。

勿体無いですし、環境にも優しくありません。

そこで業界全体的には環境のために
出来うることをやっていこうというスタンスに変わっていきます。

そのためにどうしたら良いのか?
一番簡単なことは「スペアタイヤを積まない」だったのです。

生活環境の変化や昔に比べてタイヤの性能が向上し、
パンクしにくくなってきたこと

自力でタイヤ交換できる人が減ってきたこと
何よりスペアタイヤが一度も使用されずに破棄されてしまいがちなことなど
相互的な理由により積載義務がなくなり搭載されなくなったと考えられます。

特に燃費を良くするために
重量を少しでも軽くしたいということも挙げられます。

スペアタイヤレスの風潮はスズキが発端?

スペアタイヤの替わりに
パンク応急修理セットを搭載して話題となったのは

平成20年9月にフルモデルチェンジをしたスズキのワゴンRです。

エコカー政策が始まる半年前に発表された同車は
斬新なアイディアということで当時の話題となりました。

軽量化が目的だったのか別の目的があったのか
メーカーからは公表されていないものの
これを境にスペアタイヤではなく
パンク応急処理セットがある種のトレンドとなりました。

スペアタイヤの代替品となったパンク応急修理セットは
その使い方は非常に簡単でジャッキアップなどの力仕事もいらないため、
女性でも無理なく使用できます。

しかし、使用できる状況は非常に限定されています。

例えば、タイヤに4mm以上の切り傷があった場合や
タイヤ側面に損傷がある場合にはパンク修理剤は使えません。

続きは第2ページ


×
fbでシェア
lineでシェア